No.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No. 383

電車は見れなかった、残念

昨日はじゃんく6%W/Hと3人で秋葉原まで遊びに行きました。

本当はCLANNAD電車を見に行きたいって理由だったんですが、某駅で2時間ぐらいねばったのに結局拝めませんでした。これ以上ここでぼーっとしててもなぁということで、切り上げちゃったんですが、多分1編成しかないんだろうなぁ……あるいは、あの時間には走ってなかったという可能性もあります。夕方だけとか。まぁ、でも仕方ない。秋葉原で歩き回って疲れた後に電車待つなんて、無理そうだったので。

秋葉原で特に何をするわけでもなく、適当にぶらついていました。まぁ、W/Hがゲーム売りに行ったり(予想を遥かに上回る高値で僕も本人もびっくりしたw)、僕が親に頼まれた女性向け同人誌を探しに行ったり(なかったけど)というぐらいには用事がありましたが、それ以外は適当に駄弁りながら歩いたり、ご飯食べたりしてました。

夕方になると、カラオケに行きました。飲み物飲み放題のお店が秋葉原にはパッと見なさそうだったので、新宿で。3時間ほど、歌ってました。

なんか、一緒するたびにじゃんくの歌が上手くなってる気がします。ていうか本人、今月カラオケもう5回目ぐらいだとか、前日もカラオケ行ったとか言ってました。どんだけだよw

じゃんくは家のアパートが壁薄すぎなので歌を歌えず、それでよくカラオケに行くそうです。多分、家で中途半端に歌ってるよりカラオケで思いっきり歌ってるほうが気持ちいいだろうし歌もうまくなりそうだなぁ、なんて思います。それにしても地声(てかミックス?)でよくあんなに高いとこまで出るもんだ。

夕食は、適当にぶらぶらして適当なお店で食べました。しかし、迷ってしまいました。夜の新宿は怖いのです。気づかないうちに、歌舞伎町に突入してしまっていました。

なんとなく雰囲気で「あぁ、なんかそれっぽいなぁ」とは感じたんですが、どっちに行けばどこへ出るかさっぱりわからなかったので適当に歩いていると、客引きの男性かなんかが自然に間合いを詰めつつ親しい感じで僕らに話しかけてきました。「何系っすかね?」

うわぁなんか変な人に話しかけられちゃった、怖いなぁ、ていうか何系って何?とか思っているとW/Hが即座に「見て分かりませんか~? アキバ系ですよ~」と、TVに出たときみたいなあの雰囲気で返していました。その後もやんわりとスルーしつつ、その通りを抜けました。「オレもああいうのの扱いにはずいぶん慣れたもんだなぁ」なんて涼しげな顔で言っていました。W/Hがいつになく頼もしく見えました。僕は勧誘などが苦手というのもあり(そしてそれがなんか雰囲気に出ちゃってるから余計に勧誘されやすい)、こう堂々としていられる人というのはなんか尊敬してしまいます。

まぁ、そんな一日でした。楽しかった。

一方で自宅にて。くぅ、宿題が解けない~っ。そろそろ、当初のやる気が失速してきたかもしれません。改めて実感したけど、多分僕は今後一生、新たな環境に置かれるたびにこういうやる気サイクルを繰り返すんだろうなぁと思います。大学に入ったときもそうだったように。「やばい、周りみんなすごい、僕がんばらないとっ!」とかいって全速力で走り出して、2~3週間してバテるのです。よく考えたら、それはただの五月病です。

僕は残念なことに、やる気を微分係数でしか感じることができない人間なようなので、広義極大点を過ぎればあとは近傍内でしばらく失速していくようにしか感じられないのは仕方の無いことだと思うようになりました(なんて頭の悪いしゃべり方だ)。喩えれば、やる気というのは作業速度の微分係数なわけで、相対論的世界で速度じゃなく加速度しか(力として)感じられないのと同じように、やる気についてもその加速度しか感じられないものなのです、多分(本当になんて頭の悪いしゃべり方だ)。競い合う仲間がいればその相対的な関係の中で「相対やる気」を認識することができて、より細かくやる気を把握することができるのかもしれません。だから学校というか学友ってのは大事なのかもしれないなぁ。まぁそれでも、結局失速してきたという現実に慌てるのは同じなのですが。

とか書いてたらW/Hもやる気の話してますね。僕とは逆の状態のようだけど、まぁそれは隣り合わせのようなものです。どちらにしろ、やる気のことなんか頭の中にないときが一番順調なのです。

と、そんな話は置いといて、現実問題としてそこで「あぁホントはがんばらなきゃいけないのになんでできないんだ自分」っていう思考悪循環に陥るとひどいことになるのは1学期に経験済みなので、今度はもっとうまくやろうと思います。

以下、拍手レスです。

>し、史学だって負けないくらいいいんだからっ!特に考古学なんて最高よ最高!
>べ、別にアンタなんかに理解されたくなんか・・・・・・理解されたくなんか・・・ないんだからね・・・。

新しいですね、なんか。そして、とても萌えます。なんかキましたっ。
もしそれで考古学を勉強したら、
「考古学も、面白いんだね」
「そうよ。考古学は最高なのよ」
「こんな風に思えるのも君のおかげだね。ホント、ありがとう(ニッコリ)」
「え、あ・・・・・・わ、わかったのならいいのよ、うん」
「ところで数学ってのもまた最高なん――」「絶対やらないわよ」
なんてww
そういえば、妹が考古学にも少し興味あるとか言ってました。ヤツは実際のところ大学で何を専攻するようになるんだろう……全然想像つかないなぁ。ってまぁ、まだ2年半も先の話ですが。

スポンサーサイト

No. 382

神様のパズル

ふぅ……やっと1週間が終わりましたね。大学は3日しかありませんでしたが。

今日の複素解析学では、演習で1問発表をしました。こちらは発表も割かし気楽で助かります。僕はとても簡単な問題を他の人より早く見分けて発表しにいこうと必死でしたが、1番簡単なのとは行かずとも2番目ぐらいの問題に当たれたので、儲けものです。これで、あとは地道に出席してれば複素解析学の演習は単位が来ると思います(こっちも最低1回は発表するって条件があった)。

にしても、複素解析学は進むのが何か早く感じるなぁと思ってたら、もう11月の半ばに中間試験をするそうです。えーーーっ。まだ今日で講義3週目ですよ! まぁ、1日2コマあるからもう9時間も授業やってるっていえばそうなんですが。演習も入れたら13時間半ですが。そう考えると、授業の時間って結構長いですね。

集合と位相もがんばらなきゃ。宿題多いです。あと、授業のページになぜかyoutubeの動画のURLが貼り付けられているのを見つけました。昨日までなかったんだけど、なんなんだ……観てみたらエースコンバットのMADとかいうのだし……あの教官がやったとは思えないので、いたずらでしょうか。っていうか教官以外がいたずらできるページって一体ww

さて、久しぶりに本の感想。小説を読みました。神様のパズルという小説です。


神様のパズル

表紙は限りなくライトノベルですが、SFです。とはいってもなんか宇宙船に乗ったりコンピューターと戦ったりタイムリープしたりするようなSFではなく、ほとんど現代に近い大学物語です。

裏表紙を引用すると:

留年寸前の僕が担当教授から命じられたのは、不登校の女子学生・穂瑞沙羅華をゼミに参加させるようにとの無理難題だった。天才さゆえに大学側も持て余し気味という穂瑞。だが、究極の疑問「宇宙を作ることはできるのか?」をぶつけてみたところ、なんと彼女は、ゼミに現れたのだ。僕は瑞穂と同じチームで、宇宙が作れることを立証しなければならないことになるのだが……。第三回小松左京賞受賞作。

主人公の「綿さん」こと綿貫基一は、K大学理学部物理学科の、何のとりえもない4回生で、必修単位を落としてしまって留年の危機。何とか最後の一年は単位を揃えて卒論を書いて、就活もして卒業・就職を果たさなくてはなりません。なのにそこへきて、憧れの保積さんと同じゼミがいいというだけの理由で素粒子物理研究室を選んでしまったことが、この物語の発端です。

一方ヒロインの穂瑞沙羅華は天才美少女。まだ十六歳の沙羅華ですが、日本の素粒子研究の未来を担う加速器「むげん」の理論設計を作るなどしていて有名人。しかし本人は母親が精子バンクから買った遺伝子を基に生まれ、その後同年代の子供にも馴染めずに生きてきていて、精神的には年齢相応かあるいは、という感じ。ツンデレ。ツン度99%の。

このちぐはぐな2人が協力して「宇宙は作れるのか」という疑問の答えを見つけ出して、神様のパズルを解こう、というのが話の本筋です。

宇宙論と素粒子には多少(ホントに多少)興味があったので、途中で出てくる様々な専門用語も少しは理解できましたが、やっぱりそこら辺は難しかったかも。でも、わからなくても雰囲気は伝わってきます。

沙羅華が宇宙の謎、TOE(Theory Of Everything)を解き明かしていく過程はなかなかスリリングです。途中からは完全に著者の創作理論になるのですが、これがなかなか面白くて、少なくとも僕ぐらいまでの知識なら「なんか、ありそうかもっ」と思ってしまう内容です。ここらへんを読んでいる間はドキドキが止まりませんでした。

一方で、物理的な宇宙の謎を解き明かす話が前半のテーマなのに対し、後半はその先に何があるのかという話がメインになっています。むしろ、ストーリーとしてはこちらがクライマックスです。この過程で主人公がとっていく行動は「いいな」と思えるものだったりして、人間物語としてこちらは面白かったです。中盤からクライマックスはちょっと暗くて、盛り上がりには少し欠ける内容だったかもしれないけど、じわっと来る感じはなかなか良かったと思います。

挿絵のない小説は久しぶりに読んだ(wんですが、いやぁ、面白かったですね。SFはあんまり読んだことないのでSFとしての評価はよくわかりませんが、とにかく、興奮しましたw ちなみに2002年に単行本として出て、去年文庫化した本なので、もう5年前の作品なんですね~。来年、映画が公開されるそうです。見てみたいかも。Yahoo!コミックでコミカライズもされてるみたい。

で、これを読んで、「あぁ~物理もいいなぁ~」とか思ったりした僕はあまりにも分かり易すぎですw 前から素粒子と宇宙は、多少は興味のあった分野ですからね。理論物理の勉強もしてみようかなぁ~(安直

相対論とか量子論とか、何となくは知ってるけど中身全然ちゃんと知らないし数式の一個も読めない、って状態は何だか悔しいってのもあります。まぁ今はとりあえず目の前のノルマをクリアしていくことの方がはるかに先決なわけですが; とりあえずそれで余裕ができたら、ですね。

明日は台風が来るらしいです。いやだなぁ。

No. 381

お絵描きと数学

最近ぼんやりと気づいたことがあるんですが、僕が絵を描くときの手順と、数学の答案や証明を作ったりするときの手順が、似ているなぁと思ったんです。

なんだか突拍子のない話ですが、どういうことかというと……

まず、僕が絵を描く手順ですが、(1)最初にぼんやりと描きたい絵を思い浮かべて、(2)それを鉛筆で適当にラフにします。ラフができて、もう修正する部分はないと思ったら、(3)それを線画にします(ペン入れ。PCでやることも)。(4)それに解説本とかサイトとかを参考にしつつ色を塗って、最後に背景を入れたりして仕上げます。

次に僕が数学の答案や証明を作るときの手順ですが、(1)最初にぼんやりと解くために示すべきことを思い浮かべて、(2)メモ程度に道筋を作っていきます。この方法でいいと思ったら、(3)答案・証明の概略(式だけ、とか)を描きます。(4)それを人に伝わるような文章に起こしていって、ケアレスミスを一通り探して完成です。

どうでしょう。

まぁ似てるように見えるような書き方をしただけじゃないかと言えばそんな気がしなくもないんですが、見た目以上の共通点も多い気がします。

  • (1) まぁこれは何かを作るときはだいたい同じな気がします;
  • (2) ラフや道筋は、作る人の独創性や考え方の癖などが最大限に影響する部分で、創作の中核にあたる部分という意味で似てます。
  • (3) 線の決定にはテクニックがいるし、概略作りには高度な式変形がいることがあったりして、やはりこれもテクニックがいります。(2)で得た独創性をテクニックで裏付ける部分です。
  • (4) これは、何か一定のメソッドが自分の中で確立できればできてしまう部分です。もちろんそれを身につけるには十分な訓練が必要ですが、塗りも文章化も、訓練すれば個人差がなくなってく部分です(もちろん訓練の仕方によって違うやり方になるでしょうが、例えば同じ人が教えれば同じような塗りをする人、同じような文章の書き方をする人が出来上がるんじゃないかと)。

とまぁ、こんな具合に。だからなんだという話ではあるんですが、他の創作作業にも共通する部分があるんじゃないかとか思ったりします。まぁ、他の創作をあんまりやったことないのでよくわからないですがw

この「手順」は、それを作り慣れてる人にとっては当たり前なことかもしれませんが、そうでない人にとっては当たり前じゃないかもしれません(それともやっぱり当たり前? 少なくとも僕は、絵の練習を始めるまではこんな基本的な手順の大枠すら知りませんでした。特に(2)あたりが)。創作作業が、パズルの組み立てみたいに「完全な部分」を組み合わせていくものではなく、ぼんやりとした全体像を次第にはっきりさせていくものだということは、合理的に考えれば当たり前でも、案外直感的ではないと思います。

こういうことを意識すると、絵を描くときの心構えも数学をやるときの心構えも、変わっていったりするかなぁ、とか思いました。もちろん既に僕は上のような手順を踏んでるわけだけど、それを無意識的に行うのと意識的に行うのでは違いもあるかなぁ、と。それに、片方で気づいた(方法上の)発見をもう片方にフィードできるかもしれないし。あと、何か作ったことのないものを作らなきゃいけないとき、とりあえずこの手順を当てはめてみれば、何も考えずに取り組むよりもマシな結果になったりするかもしれません。

サンプルが絵と数学だけじゃ何ともわからないですが(汗

とまぁ、そんななんだか自分でもよくわからない話は置いといて。

今日は発表演習でしたけど、結局僕は発表しませんでした。はははは。何でしょう、他の人の発表を聞いてるだけでドキドキしちゃうので、どうしても手を上げる気にならないのですよね。まぁ、次はもっとちゃんと作ってこよう、ノート。

でも、なんか、木曜が終わるだけで、とても救われた気分になるのはなんででしょうか。さっきの授業前の微妙な気分が嘘みたいです。今なら何でもできそうな気が……いや、そこまではいきませんが。以下、拍手レスです。

>ビームきゅんてら萌えす。今度とうきょうどーむしてぃで、でぇとしよう♪オスだけど。
お誘いありがとうございます~w
東京ドームシティーって、何があるんですか~? よく知らないのですが。
オス、ですか。リアルでも女性の気配がしないのに、web拍手でも女性からのお誘いはなく男性からなのですかーー!(リアルでも男性に誘われたわけではないです、念のため)
いやまぁ、性別に関わらず、なんとなくW/Hが「知らない人と2人きりでデートしちゃダメだ、危険すぎる」って身を持って言ってるような気がするので遠慮しておきますww

No. 380

はつねぼう

最近「もやしもん」のED曲が頭から離れないビームです(妹に勧められて観始めました、「もやしもん」。面白いです。しかし芸大、音大ときて次は農大ですか……数学科は……ないないww)。

今日はついに1・2限をぶっち切ってしまいました。

いやぁ、眠かったんですよぉ。やっぱりぃ、4連休明けの1限ってのはぁ、今の僕にはぁ、ムリムリっていうかぁ。

……まぁ幸いにして、この4連休明けの1・2限の授業(線形代数)は、おととし・去年の講義ノートを元に教官ががっちりと授業そのまんまの教科書を出してくれているので、出なくても100%自力でカバーすることができるんですけどね。

さすがに午後の演習には出ないとなぁと思い、お昼から行きました。

とりあえず演習は問題なく(人並みには)できたので、今のところは、だいじょーーぶ。

それにしても、週3日しか講義がないという「何それどんなニート」と思われそうな形式にも関わらず、それにしては意外に忙しいです数学科。いや、こんなこといったらもっと忙しい学科の人に怒られそうですが。特に実験やってる人たちとかに。

遊ぶ時間がそこそこ残されてるのだから暇な方なのかな。少なくとも今のところは。

でもこれだけたくさんの演習問題を出題されると、余計なことは何も考えずにそれを盲目的に解くだけでも結構力が付きそうな気がします。今日の講義で新たに範囲に加えられた演習問題が13問、うち演習時間中に解けたのが5問。あさっての講義・演習でもまた10問ぐらい出されるだろうし、明日の演習……って思い出してしまったあああ!

明日の演習って発表かぁ。

いや、本当はあさっての演習も発表形式で、学期中に1回は発表しないといけないことになってるんですが、あっちは突っ込みも(今までから見た)常識的な範囲内なので、全然いいのです。明日のは、どうなるんだろうか。

早めに発表しといた方がいいんだろうなぁ。

とは思うんですが、この演習に対するこの1週間の心情の変化が:

演習直後「マジかよこれwww僕これ前に出てやるのwwww死んじゃううぅぅっっ!!www」

土日あたり「いやでもよく考えたら、もうどんなものか分かってるんだから、バッチリがっちり準備すれば怖いことないんだよな。うん、だから早めに行っとこう」

今日あたり「……もう明日かよ、心の準備が(ry」

とまぁこれでもかというくらいわかりやすい変化を辿っています。発表するまでは、きっとこんな心情変化を毎週体験するのです。言うなれば緊張感のサインカーブ。

……これは、早く発表した方がよさそうです。精神衛生的に。

先週のを踏まえてかなりがっちりした答案(ホントはカンペというかレジュメとして機能させなきゃいけないんだけど、やったことないからそういうの特有の作り方が全然わからない)は作ってみたんですが、自信ないですね~。まぁ、よく考えると自信は関係ないんですけどね。突っ込まれるのが目的なのですから。

あぁ~あ、水曜の次が金曜だったらよかったのに。あ、でもそれだともやしもんとCLANNADがなくなっちゃう。それはよくない。やっぱり木曜はそこにいていいです。ごめんね木曜。ありがとう木曜(意味不明

今日は早めに寝ることにします。明日は、ちゃんと、出よう。

(私信:昨日5行ほどの拍手をくださった方へ。僕は全然気にしてないので、そちらも気になさらないでください。ネタとシリアスは明確に頭の中で区別できてるつもりですし、気にしすぎても色々なものがつまらなくなってしまいますから、それぐらいは全然問題なっしんぐなのです。むしろ、ネタとしていつも通りにレスったつもりが、曖昧な返し方だったせいでそのように心配をおかけしてしまったようで、こちらこそ申し訳ない、という感じです)

No. 379

[数学]確率の問題(サイコロ) - 解答

先日のエントリーのコメントで出題された問題の手書き答案を、上げておきます。

こちらです。

ええと、要望的に、がっちり清書したりしたら意味ないなと思い、できるだけ普段通りにばーっと書きました。なのでいつか上げた手書きのものより字が汚いwまぁこっちが普段の字ということで。右下のメモが見難いかもしれませんが、ご容赦ください。

ていうか合ってるのかこれ??(確率は大の苦手であります;)

それにしてもちまちました字だなぁ。ちなみにこれはA4紙を横にして使っています。上下幅がちょうどA4の短辺に相当するって考えてください。

理系の人(理系受験する人とか、理系学部学科に入ってる人、ぐらいの意味で)って、どうでもいい紙とかに計算書いたり問題解いたりする人が多くて、そのときにできるだけ1枚にいっぱい書きたいって思うことが多いみたいで、結局みんな細々しててかつ判別はつくような(似たような)字を書く人が多くなってる、ような気がします。まぁ、どうなんだろう。

No. 378

小学生の書く日本語は難しい

sumiさんからまたイラストをいただきました。

>お久しぶりですsumiです!以降→
>http://tokohalu-eterflo.sadist.jp/hate001-1.jpg

どうもありがとうございます~。

充実してるんでしょうかね。なんか、家でやるレポートとかがだいぶ多くなりました。日記がおろそかになりかけてるのはその影響……まぁ、慣れればまた元通りになるかと思いますよ。

実習がインドアのみ、ですか。僕ももう講義と演習(とそのうち輪講とか)しかないだろうから、ずっとインドアですね~。

さてさて。そういうわけで充実……というか宿題とか復習(解析)とかに追われてるわけですが、来週以降はもう少し楽になるかなと希望的に予想してます。今週はバイトもあったし。

でもなんか、バイト、11~2月あたりは結構忙しいらしいので、頑張らないといけません。まぁ、お金も入らないと困るし。にしても土曜日にやったバイトはなんだかアレだったなぁ……

何かと言いますと。普段は高1や高3の数学の答案を添削しているんですが、今度新しく、公立中高一貫校を受けようという受験生の「適性検査」という怪しげな試験の採点もすることになって、その第1回だったのです。

いやぁ……小学生の文章の採点って大変ですね……いやまぁ、中には独自性にあふれすぎてて吹きそうになるものもあるんですが。あれは将来有望です。いろんな意味で。

それ以上に、問題・採点基準がひどいんですよね。いや、こんなところで点を削られるなんて誰も思わないから、この答えでバツをつけられるなんて僕でさえ信じられないから、みたいなのばっかりで。記述問題をマーク式の採点みたいに白黒はっきり採点しようとするとこういう酷い結果になるんだなというのがよくわかりました。

公立中高一貫校ってホントにあんな感じの入試なんでしょうかね……もう私立小学校の受験と変わりません、っていうか運の要素強すぎです。

まぁその代わり、私立中に入ろうと思って勉強して受験する人とかに比べたらあんまり覚悟もいらないんだろうし、問題にはならないんだろうなぁという感じです。

それにしてもなぁ。

そういえば、せっかく首都圏に住んでるんだしできれば1回はCLANNAD電車を見に行きたいんですが、総武線沿線に行く用事が全然ないんですよね~。来月3日までだから、行くなら早く行かないと。久しぶりに秋葉原に遊びに行こうかなぁ。以下、拍手レスです。

>いわゆる圧迫とか系なんでしょうかね?「なんで?」の連発で追い込んでいくっていうか・・・。
>逆にそこが分かっていればいくらか気持ちもらくになるんじゃないですかね?そうでもない?死んだ方がいい?
>人前での何かをする時のコツは開き直る事かなぁと思います。ナニする時も同様です。

死なないでくださいwww
まぁ、なるほど、開き直ることですか。確かに今ここで厳しく突っ込まれても別に何が悪くなるわけでもないんですよね。それで笑いものになるわけでもないし(実際みんな、その場では笑うけどどことなく乾いた笑いなわけで)。
最後の一文には全面的に同意wwww

>ドS教官に攻めたてられ喘ぎまくるドMビーム君。ちんこたってきたおw今のうちにプレゼン慣れるんだお
変な想像しないでくださいよぉぉおお!!><
そんなこと言われたら僕がやるときやりづらいじゃないですかぁ(ぇw
今のうちにプレゼン慣れとかないとってのは確かにそうですね~。がんばりますよ! まぁ、ほどほどに^^

P.S.: 今FC2ブログの管理画面に入ろうと思ったらPHPのMySQLとsessionとheaderのエラーが出まくってるんですが、大丈夫なんでしょうかw セキュリティには詳しくないからよくわからないけれど。

No. 377

師匠

小学校に入る少し前から高1の終わりまで、僕にピアノを教えてくださった先生が、亡くなりました。

すごくショック。

なにしろ10年以上も教えてくださった方ですからね……毎週1回、僕の家に来てレッスンをしていたんです。それで、甘党の先生と一緒にケーキとかお菓子とかを食べていました。多分、身内以外で一番一緒にお菓子を食べた人です。

優しい人でした。

若いのに、どうしたんだろう。数日前までは普通にしてたっていうし。人間、一寸先の未来だってどうなるか見当もつかないものなんですね。

涙が、出てきてしまいます。

無性に、ピアノが弾きたくなってきました。10年以上も習ってたにしては大して上手くならなかったんですが、それでももう何年も弾いてないし、ヘタになってるだろうなぁ。

このエントリーでは、拍手レスはちょっとお休みします。まぁ、次のエントリーで。

No. 376

戦慄の口述演習

今日は集合と位相の講義だったのですが、演習が大変なことに……!

この講義、午後の演習では事前に問題の載ったプリントが配られて、それを各自が解いてきて、演習の時間に発表したい人が前に出て黒板を使って発表をするという「口述演習」なのです。学期内に一度は発表しないと不可になってしまいます。

で、今日はその記念すべき一人目の挑戦が行われたわけですが……

教官が突っ込む突っ込む……

問題は簡単なものだったのですよ。「任意のa, b, c, dについて、{{a}, {a, b}}={{c}, {c, d}}ならばa=cかつb=dであることを示せ」という問題です。集合のとても基本的な部分しか使わない問題で、まぁだからこそとても厳密に示すことを要求されるわけですが……

1問目にして挑戦していった勇気ある一学生が、一行書いて口頭でも話を進めようとするたびに教官に突っ込まれるわけです。「どうしてそうなるの?」「なんで?」と。学生、必死で応戦します。本人的にはなんでそこで突っ込まれるのか分からない部分も多いので、しどろもどろになりながらどんどんわけの分からない展開になっていくのです。そのたびに「だからなんで?」と鬼のような追い討ちがかかっていくのです。うわぁ……

次第に学生の方もなんだか投げやりというか開き直りモードになっていって、教官に「だからこのプリントに書かれてる定義だけを使ってよ」と注意されても「あ、えっと、いや、そのですね、僕のやり方で話を進めると云々」と完全無視の方向で進めようとしたり、途中で仕方なく教官がどうすればいいのか説明すると「あぁ、そうですね」ととても投げやりな反応で先へ進んだり。

いやまぁ、あの場に立ってあんなに(本人の予想外のポイントで何度も)ストップかけられたら、やってる方は確かにめちゃくちゃになりそうなんですが。

あれは……やばいなぁ……隣に座ってたヤツが「明日はわが身ってこのことだな……」って呟いてましたけど、まさにそうです。少なくとも今学期中に1回は僕がアレになるわけです。うわぁ、考えただけで胃が痛くなってきたっ。

でもまぁ、(研究発表でも講義でも何でも)人前に立って説明するというのは数学に限らず研究者にとって重要な仕事だろうから、今から何度も何度もやって慣れておかないといけないのは確かなんですが。

しかしそれにしても今日のは怖気がしましたね。やばいなぁ、相当がっちり準備して臨まないと。以下、拍手レスです。

http://waranote.blog76.fc2.com/blog-entry-706.html
頭悪いスレをどうもありがとうございますwwww
38で吹きましたwwww

No. 375

とある友愛数

合宿を経て「やばい! がんばらないとっ!」と気合いを入れ直した僕は、なぜか毎年のように夏休み中には踏み込もうともしないアクセルを全開にして数学の勉強を…………とかやると「ああああダメだダメだダメだっ! なんていうか、『萌え』が足りない! そうだ、ゲームをやろう」とか言ってる未来が見えそうなので、「萌え」も補給しつつほどほどにがんばっています。

いや、でもまぁ昨日今日は比較的よくやった気がします。今までに比べたら。A4のノートが16ページ進みました。自習で演習をするのにノートっていいですね。なんか、自分の頑張ってる度がパッと見えて。

先日のNさんのコメントにあった、9,363,584の友愛数との合計ですが、答えは18,800,640です(合ってますか?w)。

9,363,584が友愛数(互いに相手の(相手自身を除く)約数の和となっているような2つの自然数組)の片割れであるとわかっているなら友愛数同士の和の計算は簡単で、自身の約数の和そのものに過ぎません。9,383,584=27×191×383と素因数分解できるのでその和は(1+2+22+・・・+27)×(1+191)×(1+383)=18,800,640となります。

ちなみにこの友愛数(9,363,584、9,437,056)はWikipediaに載ってます。

友愛数はネーミング的に興味があるので将来研究してみたいかなぁと思うものの一つですw

さて、明日から3日間授業です。短いなw 以下、拍手レスです。

>工学部ぬるくてつまらんとですw ビームくんと同じ数学科行けばよかったかも・・・(ノノ)
>出来れば数学科で何やっているんだか詳しく書いて欲しかったり><

ぬるいんですかぁ。工学部って、結構色々忙しそうなイメージがあるのですが、そうでもないのでしょうか。それとも、3年以降が大変だったりとか?
数学科で何をやってるか、ですか~。それは日記のネタとして最適なので(w、もう1~2回ずつ各授業を受けたら書きますね。

No. 374

オリ合宿

昨日今日と、群馬県の玉原国際セミナーハウスまで、数学科のオリエンテーション合宿に行ってきました。

参加者は学年46人中28人。ん、割と少ないのですね。まぁでも、教授曰く「全員来られると部屋が足りなくなる」らしいのでそれは計算のうちのようです。なんてこったい。

出発。まずはバスです。バスで4時間。長っ。となりに座った人となんとなくしゃべりつつ、玉原につきました。

とても、寒いです。

標高1200メートルほど。東京と比べて10度ほどの気温差。はっきりいってこっちの12月ぐらいの寒さって感じでした。でも、周り何にもないし(少し歩くとダムがあるけど、それ以外はホントに何にもない自然のただなか)、日差しもあってかなり気持ちいいです。

セミナーハウス自体もログハウスで、ホントに自然の中にいるという感じです。

そんな中、昨日は授業を担当してる2人の教授の話を聞いたあと、夕食。そして、自己紹介です。名前と、数学科を志望したきっかけを言うという内容。印象的だったのはS君が言ってた話で:

僕、あの世に結構期待してるんですけど、あの世でできる学問って数学とか哲学とかだけだと思うんですよ。そして、あの世にはオイラーとかフェルマーとかポアンカレとか、偉大な数学者が何百年も数学し続けてるかもしれないんですよ。だとしたら、あの世の数学は大変なことになってますよ! だから僕は、あの世に行ったときに少しでもそれに近づけるように、数学を勉強したいって思ってるんです。

突拍子もない話だけど、面白いなぁと思いました。

その後、お酒とか飲みながら学生と教授でなんとなくくっちゃべってました。

今日はハイキングに行きました。玉原の湿原と、尾根を歩くというものだったんですが、某教授が面白すぎです。歩いていたら途中で、

これって毎年やらなきゃいけないんですかねぇ。

とか言い出しました。えww教授どうしたのww

玉原を担当している教授が「いや~、せっかくここまで来たんだからちょっと散歩するのもいいじゃないですか」と諭しても、

1回来たらもうそれでいいですよ。

と返答。ちょwwそんなに歩くのイヤなのwwww

その後も「ハイキングだなんて高校のとき以来ですよ。あのときは行かなきゃいけなかったからしょうがなく行ったんですけど」とか、他の教授がいやぁ高校以来ってことはないでしょう、ハイキング、と笑って返しても「いや、ハイキングって普通ドライブでしょ」とわけのわからないことを言い出しましたwwwいやww全然違うからwww

セミナーハウスからバスの止まるところまで少し歩くのですが、バスが見えてきたときにもその教授は「バスが見えてきた。やった!」と歓喜の声を上げました。それはやっと抜け出せるって意味ですかwwwそんなにイヤだったのかよwwwホントにフリーダムだなこの人wwww

他の場面でもこの教授はフリーダムさ加減を存分に発揮してました。ダメだ、数学科は教授が面白すぎるwww

そんなこんなで帰ってきました。今日は疲れました。

友だちもようやっとできました。まぁ、こんな陸の孤島に放り込まれれば、そりゃみんなわいわいやるのですが。

同時に、ますます焦ってきました。やヴぁいです。相当、勉強しないとまずいかもです。僕みたいにそう思ってる人が学年の1/3~半分くらいいそうですが、逆に学年に4~5人ぐらいはもう今学期の授業内容は完全把握してるみたいだし、っていうか第1章からして僕には読めないような先に進んだ本読んでる人とかいるし、やっぱり上を見ればキリがないですね。

いい刺激になるといいんだけれども。

明日のバイト休んじゃおうかなぁ……(え、そこなの削るの

そういえば、「趣味はアニメ鑑賞です」という自己紹介をした人もいました。さて、二次ヲタは実際のところ何人ぐらい潜伏しているのだろう……

以下、拍手レスです。

>W/Hちゃんのどこがよかったんですか?
見かけによらず優しくしてくれるところが……ってちっがーーーう!!
なんかよからぬ噂が蔓延してるような気がしなくもないんですが、何にもありませんよ??

>「W/H」、「かわいい女の子」、「数学」、「アニメ」。これらを好きな順番に不等号にしてください!
ええっと、何だろ。意図が見えないんですが(ある意味では見えてる)、人とモノとは比べられないですよ。と、お茶を濁しておきますw

No. 373

絶望した!

解析の基礎知識・体力何もかもがなさすぎて絶望したっ!!正直、今日はマジでやばいと思いました。やばいやばい。関数列の一様収束判定できない。ていうか定義わかんない。やり方わかんない。これはやばい。きっと解析他の部分もみんなこんな感じだ。これじゃ4学期前提以前だっっ;

……今日は複素解析学Iだったのですが、その演習はプリントを解いて、問題が解けたらやりたい人は黒板に書いて発表するという形式なのです。みんなガンガン発表してて、僕全然解けなくて、マジ焦りました。

これはまずい。演習問題を色々サボってきたツケが回ってきてます。演習大事ですね……やっぱりやらないと理解できてないもんなんですね。身をもって実感しました。とか今頃になって気づく問題ではないです;

なので今日からものすごく懸命に演習をやりまくって周りに追いつかなくてはなりません。宿題もそこそこな量出てたりするんですがそれ以上に。週休4日だぜひゃっほーーーいとか言ってる場合ではなさそうです。もちろん勉強はしようとは思ってたけど、解析の復習にはかなり力入れないとまずそうだ……

……ってときに限って休みがあんまりないんですよねぇ。明日・あさってはオリエンテーション合宿。しあさっては1日バイト。今週の休みは火曜日だけかぁ……来週の土日もバイトだったよなぁ。早く週休4日を味わいたいのにぃ。まぁ、その場合は自習しなきゃなんですが。

まぁバイトが入っても休みがあるだけ幸せですね、きっと。

がんばらないと……専門課程で置いてかれたら洒落にならないです。

さっきCLANNADの第2話を観ました。アニメになると視点が朋也じゃなくなって外から見れるので、朋也の境遇とかにもちょっとうるっとくることに気づきました。第2話もよくできてると思います。

さてさて、そういうわけで明日は群馬県に行ってきますよ。昼食含めバスで5時間だそうですよ。寒いらしいです。こっちより10°Cぐらい低いとか。友だち作れるといいなぁ。できればアニメとかの話ができる友だちが。

No. 372

2007秋期アニメ

2007年秋クールのアニメの第一話をいくつか観たので、ばーっと感想を述べたいと思います。

CLANNAD
BGMがゲームのまんまでした。原作プレイした人はくるものがあるかも。
第1話は前提作りという感じにまとまっていました。次回以降に期待。
OPムービーがアニメのってよりはギャルゲーのっぽい構成だと思ったのは僕だけ?

機動戦士ガンダムOO
コーラサワー吹いたwwwwのっけから突っ込みどころ満載だった気がします。第1話、予想はしてたけど絵がキレイでした。このクオリティーは続くのか、それとも……期待半分不安半分。

みなみけ
背景があるだけで違って見えるものだなぁ、と思いました。いい意味でも悪い意味でも原作と少し違った雰囲気。まぁでも独特な雰囲気であることは変わりないのでよかったです。

キミキス pure rouge
キミキスは原作も漫画も知らないので僕はアニメが初めてです。すごく絵がキレイでした。
期待できるかも。

レンタルマギカ
福山潤がルルーシュボイスで「社長命令だ!」って言ったのだけ覚えてる。

げんしけん2
うわぁ、久しぶりにげんしけんだぁ。なんかすっごく懐かしい雰囲気なのですが! OVA観てないから余計に。
今回はただひたすらに、久しぶりのげんしけんの雰囲気を堪能できてよかったです。

……と、こんなとこです。

じゃんくが、バンブーブレードがいいと言っていたので、今週はそれもチェックしてみようかと思っています。

今期はオリジナルも少ないし面白そうなのあんまないなぁとか家族と話してたのに結局6~7個チェックしてるあたりは、NEET化の証でしょうか(ぇ

No. 371

授業始めっ

今日は、数学科に入って最初の授業でした。

線形代数でしたが、とりあえず今日のところはほとんど復習っぽい内容。まぁ、おかげで講義が眠かった……「最初」にありがちな「よっしゃがっつりノートとってやる~」というノリで受け始めたら途中で飽きて眠くて眠くて……あぁでも、多分来週あたりからは新鮮な話も増えてくるだろうから、大丈夫だと信じています。

ここでまたがっつり予習をすると授業が眠いんだろうなぁ……この授業はつい先日教官が書いた教科書が出版されて、授業内容はこれとほぼ全く同じのようなんですよね。で、講義は出席取らないので、自習でいけるなら講義はいらない、と。

さらに言うと、講義の単位を取ることが「演習の単位を取るための十分条件」になってるので、中間・期末試験をちゃんと通れば演習もいらない、と。

……とかいう邪なことを考え始めるとますますニート化が進むのでやめときます、はい;

演習は、時間内だけでやるのは相当大変そうでした。今日は12問あって、9問しか解き終わらないでした。

なんにせよ、数学科との戦争はついに始まってしまったのであります。


また凛様かっ
ていうかシチュがよくわからないw

がんばらないとっ!

そういえば先日、W/Hの家でちょろっと読んだノベルゲームのシナリオ作成技法が面白そうだったので町田に行ったついでに買おうと思ったら、どの書店でも売ってなくて、仕方なく昨日amazonで注文したんですが、今日大学の書籍部に行ったら置いてありました。なんで。そしてなんて間の悪い。

以下、拍手レスです。

>これでもしビーム君が小柄だったらぜひ付き合ってもらいたいものだwwww
小柄限定なのですかwwwていうか付き合ってってっ!
ええと、僕は細身ではありますが、残念ながら小柄じゃないです。だいたい男性平均身長ぐらいです。
中1~2の間はかろうじて早寝早起きしていた成果かと思います。いや、もうちょっと夜更かししてもよかったなぁと今更になって思ったりします;

No. 370

ドライブ

昨日、W/Hじゃんくとryoくんと4人でドライブしてきました。

車の運転はW/H。車はレンタル。目的地は藤野町という、神奈川県相模原市の西の方にある町です(相模原市に吸収合併されたのはつい3月のことらしい)。W/Hが昔住んでたらしい。

レンタカーにはカーナビが付いてたので、そこらへんは楽でした。車酔いしやすい僕は助手席に座らせてもらったんですが、機械音痴の僕はカーナビを操作するのにも四苦八苦でした。むずい、むずすぎるぜカーナビ。僕が触ると突然入力を受け付けなくなったりして、なんなんだこいつはっ(ちなみにどんな機械いじってもよくそうなる……なぜだ……)。

藤野町に着いて、W/Hが昔住んでたという住宅地を少し回った後、アットホームな雰囲気の食事処で昼食を取ってから、近くにある「芸術の道」といういかにもダメそうな観光スポットに行きました。

これは、その道(山道に近い車道)の所々に「芸術的なオブジェ」が設置してあって、ぐるっと回るとそれを見て回れるというものなのです。

さてさて、どんなものがあるのやらと思っていると……

なんだこれは。

これが芸術というヤツなのか! 僕らの想像をはるかに超えてるっ!!

っていうか浮きすぎwwwww

なんだよこれ。変なオブジェとかなら色々見たことあるけどこんなに意味がわからないのは初めてです。

で、手前にタイトルと解説が書かれていたので見てみると、

『射影子午線』加藤義次 「二重の輪の中に置かれた楕円球。そのユークリッド幾何学の曲線は楕円、双曲線、放物線という三種類の曲線で構成され、射影空間のなかに宇宙の広がりを構成している。」

ユークリッド幾何学ってっ。気に入りましたこの芸術っっ!

まぁ、宇宙がユークリッド幾何学ってとかこのオブジェのどこに楕円以外の曲線がとか、色々突っ込みたくなるポイントはあるんですが、きっと僕の理解が足りないのです。

で、タイトルの石碑みたいなのも横に設置してありました。

なんかカッコイイ。なんかエヴァっぽい。

他にも、

こんなラミエルの下から出てくるドリルみたいなのもあって(きっとこの地下にジオフロントがあるに違いないっ、大きなスケールで見れば近い地域だしっ)、その解説には、

『森の守護神』佐光康行 「自然を大胆に切り取った石の作品。樹木の生命感あふれる姿を創造させる作品のモチーフはDNA(染色体)遺伝子のらせん構造。その形を通して、過去から未来へと自然の生命力を伝えてくれる。」

おー、またうさんくさカッコイイ解説がっ。

まぁまたしても、創造ってその字で合ってるのとかDNA(染色体)遺伝子ってwwwとか色々突っ込みどころがありそうですがやっぱり僕の理解力が足りないに違いないのです。

他にもいくつかあって、5つぐらい見たところで「芸術の道マップ」なるものに遭遇しました。おぉ、これで芸術の道の全貌が明らかになるっ、芸術はいったいいくつあるんだ、やっぱり13体か、と思っていたら、予想を遥かに超える31作品でした。多いよ。

マップに載ってる写真一覧を見た途端、4人ともヤル気を失くしました。それまで、なんとしてでも全部見て回るために無理やりテンションを上げていたのですが、一気に疲れ果てました。

なのでこれで藤野町を後にすることにしました。

その後、適当に(完全無計画に)車で走っていて、気づいたら山梨県に突入しました。どうするんだ、もう夕方だぞ。こんな何も考えずに走ってたらそのうち名古屋に着いちゃうんじゃないか。ということで、リターンすることになりました。

そこでカーナビに新たな目的地を入力しようということになったのですが、なぜか僕の家をセットすることになりました。なんでだよ。多分、一番近かったからです(でも高速道路の配置の関係で意外と時間がかかりました)。

昨日は基本的には車に乗ってるだけだったのですが、思いのほか疲れました。車って結構疲れるんですねぇと久しぶりに実感しました。まぁでも、とても楽しかったです。

以下、拍手レスです。

>最近のビーム君の萌えキャラぶりは異常だと思うんだが・・・。
いつから萌えキャラにっwww
あれですか、歩いてるだけで電柱にぶつかるあたりでしょうか。
自分では普通にしてるつもりなんですが……昨日も昼食のとき、僕がちびちびとお味噌汁を飲んでいて、W/Hが「ビームくんなんでそんなゆっくり飲んでるの?」と言うので素直に「熱くてなかなか飲めないんだもん」と返したら、「萌え属性多いなwww」って笑われました。
でも、ドジにしても猫舌にしても機械音痴(これは入らないか)にしても、そういう特徴ってほとんど全て本人にとってはシンドイんですよね……誰かこういう部分をもらってくれる方いらっしゃいませんかっ><

>You TubeのOKAXILEについて意見をお願いします(ペコリ
これこれでしょうか。めちゃイケでこの企画をやるってのは知ってました(見てなかったけど)。
意見といっても言うほどのことは思いつかないですが、
岡村と踊ってる子供の一人が股間にちょっかいを出し合いはじめて疲れが回復していく様は見ていてとても謎でした。
もうライブ+乱入=岡村ってイメージがありますよね~ww

No. 369

数学科ガイダンス

今日は数学科のガイダンスでした。

学科長の話で、しきりに「鬱にはならないように気をつけて」と言ってました。なんか怖いなww

定員45のところを、今年は46人入れたそうです。去年は45人入って33人しか卒業できなかったそうなので、がんばらないとです。

この2年後期~3年前期は中だるみしがちだから~~とか話してました。なんか、中3・高1のときにも同じようなことを学校で言われた覚えがあります(中高一貫校的には一番中だるみな時期)。で、言われておいて中だるんだ人が大半だったような覚えもあります(僕もそれで英語が大変なことになりましたw今でも引きずってるw)。

まぁあの時とは違って、好きな数学しかないので、そんなに心配はしてないのですが。でも人生どうなるかわかりませんからね。気合いは入れないとっ。

来週の土日にオリ合宿(懐かしい響きだ……)があります(玉原国際セミナーハウス)。オリパンフ(またもや懐かしい響きだ……)ももらいました。なんか、さっぱり東大入学時と同じ感じなのですがwwwどこもそうなのかなぁ。

4年生の方のアンケートというのもあって、おすすめの数学書に大学への数学が挙げられてて吹きましたwwまぁ、面白いけどさww

計算数理Iの紹介で、計算機の中には長門有希が入ってると思えばやる気が出るみたいなことも書いてあって、あぁ、いいな数学科、と思いました。

それ以外に、数理科学研究科の図書室の紹介なんかもありました。貸し出し期間が2ヶ月もあるそうです。何でもできそうじゃん。申込書の説明に学生証のサンプル写真が載ってたんですが、よく「○○太郎」みたいに書かれる氏名欄に「複素 解」と書かれていました。内輪ネタ多すぎです。楽しいですねww

ガイダンスの後、3年生による懇親会のようなものが開かれました。まぁ、お菓子食べながらおしゃべりしようということなのですが、顔見知りゼロな上に極度の人見知りな僕はぼーっと突っ立っていました。ダメだこりゃ。1年半前から何も進歩しちゃいません。途中で抜け出してきちゃいましたが、こんなんでこの先大丈夫なんだろうか……(ダメだろw

……来週から講義が始まります。期待半分不安半分、どうなることやら。

ところで。

その帰り道、考え事しながらぼーっと歩いていたら突然目の前に電柱が現れ、見事に顔面を衝突させてしまいました。いってーーーーっ、と小さな声で叫びつつ前進しようと思ったら、視界がおかしいことに気づきました。何かと思ったら、メガネが見事に湾曲していました。

歩いてるだけでメガネ曲げる僕っていったい。

明日直しに行かなきゃ……

No. 368

スモック

W/Hがテレビに出てましたが、ばっちり観ました。なんというか、まぁテレビとしては面白かったと思うwぶっ飛ばしすぎててww 名前が両方ともバグってたけど、まぁテレビでの一般人の扱いなんてそんなものなのかな。

そして魔法使い候補は僕の方ですwww

リトルバスターズ!のOSTを買いました。今聞きまくってます。リトバスのBGMはとってもよかったですからね。PMMKの楽曲が結構好きなの多いです。キャラ曲もいいし、「シンクロニクル」とか「たったひとつの魔法の言葉」とか「少年たちとの別れ」とかかなりキテます。変わった曲も好きなので、「何も起こらなかった世界」も好きかも(人によっては音楽じゃないって言われそうですけど)。

歌でもPMMK作曲編曲の雨のち晴れが曲としては一番好きです。一番印象に残るメロディーというか。まぁ、「ひとり多重合唱」も面白いけど(あの声下も上も同じ人だったのかっていう……)。

KeyのOSTは聞いてて心地いい曲が多いですね。それと、CLANNADのときは感じなかったんだけど、リトバスのは一部聞いててゾクゾクする曲もあるのがよかったです(個人的な感想、ですがw)。まぁそれがPMMKの一部の曲なのかも。

てわけでエンドレスで聞きまくります(∵)

さて、話は変わって。昨日、家族で話してて、昔観たアニメの話になりました。

セーラームーンとか、幽遊白書とか、エヴァとか、色々出てきたんですが、魔法騎士レイアースの話も出たんです。

それで、あのキャラの声優だれだっけとか、そういえばセガサターンのゲームやってたよね(親が)とかいう話になってたんですが、母親がこんなものを取り出してきました。

なんですかこれ? どうやら、妹が幼稚園児の頃、幼稚園で着ていたスモックのようです(黒く塗りつぶしてあるのは名前)。

……んんん?? ちょっと待って、その胸についてるの何?

っっ!! 光じゃないか!! 妹これ着て園で遊んでたのかよ。

……でもこのスモックは園指定の……ということは……

……母親が、縫ったんだそうです。え、これ、糸で縫ったの? 黒目の部分も?

そして裏返してみると……


背中

いっぱいいるwwwwwww

なんだ、なんなんだ、どっから沸いてきたその情熱www

感動しました。

ていうか、妹はこれ着て幼稚園で遊んでたんですか。まぁでも、かわいいキャラが縫ってある程度の感じでいくのかな。でも本人は、「あれ、みんなは普通にワッペンとかなのに私だけなんでこれなんだろう」って思ってたそうですwwww

いや、本人もレイアース好きだったんだから全くもっていいのですがww 防災頭巾カバーもレイアースだったそうだし。

ちなみに、実はこれは2代目で、これの前にも一枚、セーラームーンの刺繍が施されたスモックもあったらしいです(そっちは見つからない)。なんだよ、昔から変な人もといヲタだったんじゃないかよ親。

この親にしてこの子ありということでしょうか……(家事・裁縫技術は全然伝わってない気もするけど)……まぁきっとこの家庭環境のおかげで触れられたアニメとか色々あるはずなのでとてもありがたいとは思いますが。

にしてもこのスモックはwwww

以下、拍手レスです。

>私、すっごい事に気がついたんです。東大生ブログランキングの謎です。これが実はイケメンランキングだとし
>たらどうでしょうか?確かに一位のシーボ君はイケメンで有名ですし、2番のW/Hさんもわざと変な写真ばか
>りうPしてるけど、実はイケメンだと知られてるし、ビーム君も美少年っと聞いたことがあります
>これを信じるか、信じないかはあなたしだいです!!

え、僕次第なんですか?www(閲覧者次第かwww)
ていうかランキング最近見てなかったんですが(見もせずにコメントだけ書き換えるというw)いつの間にかそういう順位になってるんですね(左のリンクはランキング直行。投票してくださる方は上からお願いしますね)
ていうか、僕が美少年だなんて、誰ですかそんなデマを流したのは! 私はそんなデマには引っかかりませんよ!(どことなく糸色望調で)
なのでこれはイケメンランキングではないです。もしそうなら僕のブログに確率変動弾が打ち込まれてるとしか思えな(ry

No. 367

天元突破グレンラガン

グレンラガン、終わってしまいましたね。

最後まで、視聴者の予想を上回る展開をしてくれました。いやぁ、この半年間はとても熱かった……

来週から寂しくなるなぁと思ってる人も多いかと思います。僕もその一人です。

にしても、エヴァにしてもグレンラガンにしても、今年はGAINAXイヤーですねぇ。

さて、昨日はバイトでした。8時半に家を出て、終わったのが19時過ぎ。すげぇ、一日仕事してるじゃん僕(すごくない)。おととい傘を忘れてしまったので、バイト後はそれを取りにW/Hの家に行きました。で、まぁ当然夜遅くなってしまったわけで、僕も疲れてたので泊めてもらうことにしました。

今日の夜6時ごろまでいたのですが、基本的には大数眺めたり「集合・位相入門」を少し読み進めたり家にあった本を眺めたり、W/Hがパソコンいじったりしてるのを横からぼーっと眺めたりしていました。新しく買ったというノートPCは結構よさげでした。僕も小さいノート欲しいなぁ(絵が描けるようにとかほざいて大きいのを買ったのを忘れたのか自分)。

前から思ってましたが、彼の部屋はまぁ普通に一人暮らしの大学生という感じの広さではありますが、とても快適そうに見えます。なんでだろう……あぁそうか、キレイだからか。僕の部屋が汚いだけか。

定期的に少しずつ掃除しようと思ったのが1週間ほど前、その日に一箇所掃除して以来何もいぢってないじゃないですか自分。なんてこったい。こんなんじゃ永久に僕の部屋はゴミダメです。

そろそろ、本の類を積極的に処分しないといけないんだろうなぁ。きっと掘れば要らない本、もう絶対読み返さない本が出てくるだろうから、躊躇せずに削除していかないとなぁ。ラノベとかご丁寧に今まで買ったの全部取ってあるけどほとんどは絶対読み返さないもんなぁ。

腹を決めなければ。

以下、拍手レスです。

>グレンラガン終わってしまった・・・。間違いなく今期No,1アニメだったと思う。
終わってしまいましたねぇ……。間違いなく今期No.1ですよね。というか、これだけ興奮するアニメはここしばらくなかったように思いますよ!

>もうそろそろW/Hと同棲したほうがお互いにとって幸せなんじゃないですか?人生は一度しかないんだしw
同棲ってw 僕とW/Hどんな関係なんですかww
まぁ今日泊まってきましたけど。

>四季氏とはリアル友達なんですか?
four_seasonsさんのことでしょうか?
だとしたら、リアル友達じゃない、というか僕はよく知らないですよ。友達の友達、というつながりならあったような気もします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。