No.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No. 561

数学ガール第三弾

数学ガール ゲーデルの不完全性定理を読みました。僕が愛してやまない数学ガールシリーズの第三弾です。

今回は、前2巻とは少し変わって数学基礎論についてのお話です。公理の話なんかは、第二弾フェルマーの最終定理でも群や環などの定義で出てきましたが、今回はそこを思いっきり掘り下げていくような話です。前巻までの数学の世界からディープな論理の世界へと行くための架け橋として、ε-δやペアノ算術の話が出てきます。例によってこれでもかってほどに丁寧に疑問を解決してくれているので、ここら辺が苦手な人はぜひ。

前巻では、フェルマーの最終定理を証明する段では大まかな流れを示すにとどまりましたが、今回の最後で取り組むゲーデルの不完全性定理の証明は、かなり細かいところまで書かれています。一部の定理で証明を省いていますが、さすがに仕方がないか。細かく書く分、さすがに解説はそこそこ端折っていますが。わからない人は雰囲気をくみ取るだけでもいいだろうし、わかりたかったらペンと紙を持って挑めということでしょう。

今回は僕もちゃんとは知らないテーマだったので、今まで以上に楽しめた気がします。数学ガールが健在でうれしかった。

ところで、今受けている数理心理学の授業で先生が、ε-δ以外の極限の定式化という話をしていました。極限の公理を5つほど入れると、ε-δによる定義と等価になるらしい。気になる。

スポンサーサイト

No. 560

完了?

お引っ越しが8割方完了しました!

という報告だけして今日はおしまい……という勢いです。今日は机と椅子を組み立てて、新しいPCにいろいろ必要なソフトをインストールし続けていましたが、まだ終わらない……Vistaに慣れていないのが悪い気がします。

実は今回思い切って64bit版に乗り換えてみたのですが、今のところこれといった問題は発生していなくてほっとしています。そのうち Windows7 が届いたらインストールしてみようかなあ (今回は Dell で買ったので、送料だけでアップグレード版がもらえるのです)、すぐやるか、しばらく待つか、悩みどころです。

引っ越しが完了したら始めよう、と思ってたことがいくつかあるけれど、まだバタバタしてるし、もうしばらく後回し。とか言ってるとまた永遠に始まらなくなっちゃって、残念なことになるのですが。大丈夫、ここで自分に釘を刺しておけば、後で必ず抜いてくれる……はず……。

No. 559

歓迎会

来年4月から配属予定の研究室で今日、合格お祝い会・歓迎会がありました。とりあえず、なかなか楽しそうな・面白そうな雰囲気です。結構いろんなバックグラウンドを持つ人が集まっているんだなあという印象で、そういう意味でも面白そう。研究室の内部ページを教えてもらったので、しばらく眺めてみようかなあ。勉強会も紹介してもらって、いつでも来ていいよとのことです。週1で行ってみようかなあ。まあ、そこら辺は来週、お引っ越しが済んだら考えようかな。

お引っ越しは、水曜搬出、金曜搬入、ということになりそうです。単身パックにしたから1日じゃ済まないんですが、まあほら、どうせ運ぶのは大量の本、カラーボックス、服、印刷機、小さな本棚というメンツなのにわざわざ見積もりに来てもらうのも面倒だし、ということで。本棚が入るかなあどうかなあ。

先週の日曜に定期券が切れたのですが、今の家からの定期を継続して買うともったいないので、でもまだ引っ越してないので、今定期ないんですよね。定期ないとこんなに電車賃かかるんだなあとしみじみ実感中です。お金足りないです。早く定期買ってしまいたい。僕という人間は、一気にどばっとお金を使うときにはわりかし躊躇しない、でも普段使うお金は気になってしまう、そんなタイプです。

とりあえず、勉強しなくちゃ。

No. 558

もう少しか

引っ越しの準備は着々と進んでいて、引っ越し先の祖母宅では部屋の掃除が完了し、一方こっちでは大体荷造りが完了して、先ほど配送の申し込みをしたところです。順調に行けば来週頭に移れる予定です。

荷物は大半が本と紙類……思っていたより量が多いので、すぐに送らなくていいかなという分については見送ることにしました。それでもだいぶ、この家から僕の物は減るはずです。

デスクトップ PC は妹弟が使うということもあって置いていくのですが、データの移行をそろそろやらないといけません。ポータブル HDD はもう買ってあるんですけど、データ移すのって、地味にめんどくさいです。

今は、新生活(といっても一人暮らしではないけど)に少し夢描いている段階です。主に PC とネット周りに。それって住んでる場所関係なくないか。一方で覚悟も必要です。おばあちゃんの手伝いいっぱいしないとなあ。

いくつかのタスクを引っ越し後に棚上げしているので、落ち着いたらやらなきゃなあとか。

関係ないですが、数理心理学の授業がやっぱり楽しそう。

No. 557

F-ZERO

ニコ動で F-ZERO X の BGM 聞き始めたら、興奮しすぎて眠れなさそうで危ない……ホントこのゲームは神曲ぞろいだった今でも OST 欲しいもんな……SFC版は持ってるんですけどねえ。F-ZERO X は本当に神ゲーだったなあ懐かしいなあ。Wii でも買ったけど、クラシックコントローラーは LR キーがアナログになってるせいでサイドアタックしにくくて、もとの N64 と同じ操作感ではプレイできないのが残念なんですよね……などとほとんどの人に伝わらないであろう愚痴をこぼしてみる。

最近はその Wii で GC 版である F-ZERO GX やってます。まだやってるのかよ。ちなみに GX はもう発売して 6 年ほど経ちます。グラフィックが綺麗ですが、ただ細部まで作り込まれているだけでなく、すべてが爽快感を生み出すために作られていて、そのリアルなグラフィックの中をオーバーマッハで駆け抜けるときの、建造物だったり自然物だったり半透明だったり光ったりするものが高速で後ろに駆け抜けていくのがたまらなくキモチイイのです。

ついつい語りそうになります。もう一個語ると、GX ではマシンの排気ガスに強い光エフェクトがかけられていて、リプレイ画面などを見るとまるで流れ星が走っているようでまたキレイ、キモチイイ、というのもよかったなあ。

GX の話はここら辺にしよう。たまに SFC 版も X もやってます。どんだけ F-ZERO が好きなんだ。僕はあまり何かに猛烈にはまることってないんですが、F-ZERO は例外ですね。また作ってくれないかなあ、任天堂。期待するのは次作または 64DD 版の VC への移植です。64DD 版やったことないですからね……当時の僕にはあんな高いハードをたった一つのソフトのために買ってもらうことはできなかったから仕方なかったのですが……。

GBA 版も持ってて、チャンピオンシップのインターネット大会に参加したりしたのも懐かしい思い出。残念ながら 47 位というしょっぱい結果でしたが……当時中2。すべてが懐かしい……GBA シリーズはクライマックスだけやってません。ファルコン伝説から少し好みと変わってしまったので……でもどうなんだろうやったことないからちゃんとしたことは言えないんだよなあ今からでも買ってみようかなあ。

でもやっぱりゲームはテレビの前に座ってやりたいという気持ちがありまして。どうしても携帯ゲーム機用ゲームにはまれない理由です。ああやっぱり据え置き機でまた F-ZERO 作って欲しいなあ。

No. 556

準備

今日からお引っ越しの準備を始めました。引っ越し先である祖母宅の掃除を業者に頼んでいたのですが、それが雨で延期になってしまった関係で、お引っ越しは早くも予定より最低1週間以上遅くなりそうです。まあ、あんまりスケジュールをちゃんと考えてなかったのだから仕方がない。パソコンを注文しましたが、お引っ越しより一足どころか二三足ほど早く届いてしまいそうです。それにしても新しいパソコンを購入するときってどうしてこんなにわくわくするんでしょうね! 期待してしまいます。

とりあえず本の梱包をはじめてみましたが、ちゃんと予定を組まないといけなさそうです。大学が始まってしまったので、平日一日は取りづらいのがなかなか難しいところです。今は新しいパソコンと一緒に暮らす日々を想像してそれを力にがんばるのみなのであります。

ところで今日は後期初授業で、応用数学XCがありました。昨日書いたヤツ。とりあえず、話がだいぶ抽象的で、何の道具を定義しているのかという点がいまいちわからなかったので、ちんぷんかんぷんでした。先学期の続きというし、どうしようかこれ……まあ次回も出てみて考えます。

No. 555

新学期始まる

先学期の成績は、レポート出した分についてはちゃんと優が来て安堵でありました。計算数理IIは前日に存在を思い出して、まあ、いいよね、って感じの未提出です。

明日というか今日というか、10月入って初日、理学部は早速始動なわけであります。僕も早速授業に出席して参ります。まじめだね、全く。といっても明日は完全に興味本位な参加で、というのも数理心理学の授業なのです。もうタイトルからして楽しそう。まあ、まだこのプレプリントは読んでないのですが。去年の続きをやるそうで、初めての人にも配慮してくれるとは概要に書かれていましたが、はてさてどうなることやら。楽しそうだったらちゃんと読んで受けてみようかと思います。

他にも何となく授業を選んでみたら、火水木金と1コマずつという絶妙な入り方。お引っ越ししたら家が近くなって大学行くのも億劫でなくなると信じているので、そうなったら家を出る口実として授業があるのは良いことなのです。

しかしそのお引っ越しをするまではやっぱり大学行くの億劫です。まあ、初回付近の授業ってのはリラックスして楽しめるので、まだ気が楽で良いのですが。

関係ないですけどこの数日間に、森博嗣の「すべてがFになる」を読んでみたり、映画「ガタカ」を観てみたりしてました。森博嗣は水柿助教授シリーズを2冊読んだことがあるだけ(この入り方は間違いだった気がしてならない、けどダジャレ満載で好きという楽しみ方)でした。森博嗣、なんとなく、「小説ハッカー」っぽい。イメージとして。今続き読んでます。ガタカはSFと思って観たらかなりしんみりしました。良い映画でありました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。