No.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント(-)

勉強に区切りを付けてテレビをつけました。
江戸時代の庶民の生活を、要潤扮する現代からタイムマシーンでやって来たリポーターの視点からドキュメント風にリアルに描いた番組でした。
歴史と作り話が好きな俺としては面白い番組だと思いました。
飛脚の話でした。
自分の仕事に誇りを持ち、命懸けで戦っていました。
歴史というモノはややこしい昔の人がどうしたこうしたっていうモノではなく、偉人も無名の人も、命懸けで誇りを持って戦っていた姿を見る、つまり、「今も昔も人は変わらない」という事を知ることではないでしょうか。
誇りを持って命懸けで戦う人を見るという事は一番勉強になると思えますから。
いやー、天下の東大生に偉そうな事を言ってしまいました。

ロロ

>ロロさん
なるほどー。ふうむ。なかなか、面白いですね。
いやあ、僕は歴史苦手だったんで、あんまり真剣に考えたことないもんだから、そういう話はちょっと新鮮です。
今も昔も人は変わらない、かあ。

ビーム [編集]

歴史の捉え方を変えてみるとかなり変わってくると思います。
例えば、伊藤博文なら、学校の授業では「初代内閣総理大臣」で片づいてしまうけど、俺の考え方なら「生涯に4ケタの数の女と交わったドスケベ」になります。
鹿鳴館という館の中庭で御婦人と不倫をしただとか60を越えても3Pをしただとか、もう伊藤誠のようにしか思えない(ちなみにスクールデイズのキャラの名字は歴代の首相の名字から取られていて、世界なら西園寺公望、言葉なら桂太郎など)。
こう考えるとかなり面白くなってきます。

ロロ

>ロロさん
い、伊藤博文つえー……
しかし、なるほど、そういう話を聞くと途端に身近(……でいいのか?)な感じがしてきますねえ。確かに冷静になって考えてみれば、歴史に出てくる人一人一人にそういう、人間らしいというか、生身の人間としての特徴ってのがいろいろあるのは当然ですよね。あんまり、考えたことなかったんですが。

ビーム [編集]

コメントを投稿する

トラックバック(-)

トラックバックURL - http://beam2d.blog74.fc2.com/tb.php/487-e8a3568b

No. 487

優雅な一日

今日は久しぶりに一日家でぐんにゃりしてました。日中は数学。午前中は偏微分方程式(しかしいまいち進まない)で、午後は加群をやってました。こっちはぼちぼち、でもまだこれでやった範囲の半分……先が長い。

明日バイトの予定だったのですが、別の日に変更になりました。ということは、明日もまたぐんにゃりできるということか! 冬休み万歳。いや……冷静になって考えてみると、前の春休みには今以上にぐんにゃりし続けていたわけだよな……そしてその前の休みも全て。その頃みたくぐだぐだし続けたい誘惑に駆られます。危ない。危ない。2月に試験控えてるのにそれは危なすぎるw

さて、三が日あっという間ですね。まあさすがに3日しかないからあっという間でもうなずけるけど、同じように冬休みがあっという間に過ぎ去っていくのは、うなずけないなあ。

そういえば、もうすぐ番組改編期なのになんのアニメがあるかちゃんとみてないなあ。明日みるかあ。

コメント(4)

勉強に区切りを付けてテレビをつけました。
江戸時代の庶民の生活を、要潤扮する現代からタイムマシーンでやって来たリポーターの視点からドキュメント風にリアルに描いた番組でした。
歴史と作り話が好きな俺としては面白い番組だと思いました。
飛脚の話でした。
自分の仕事に誇りを持ち、命懸けで戦っていました。
歴史というモノはややこしい昔の人がどうしたこうしたっていうモノではなく、偉人も無名の人も、命懸けで誇りを持って戦っていた姿を見る、つまり、「今も昔も人は変わらない」という事を知ることではないでしょうか。
誇りを持って命懸けで戦う人を見るという事は一番勉強になると思えますから。
いやー、天下の東大生に偉そうな事を言ってしまいました。

ロロ

>ロロさん
なるほどー。ふうむ。なかなか、面白いですね。
いやあ、僕は歴史苦手だったんで、あんまり真剣に考えたことないもんだから、そういう話はちょっと新鮮です。
今も昔も人は変わらない、かあ。

ビーム [編集]

歴史の捉え方を変えてみるとかなり変わってくると思います。
例えば、伊藤博文なら、学校の授業では「初代内閣総理大臣」で片づいてしまうけど、俺の考え方なら「生涯に4ケタの数の女と交わったドスケベ」になります。
鹿鳴館という館の中庭で御婦人と不倫をしただとか60を越えても3Pをしただとか、もう伊藤誠のようにしか思えない(ちなみにスクールデイズのキャラの名字は歴代の首相の名字から取られていて、世界なら西園寺公望、言葉なら桂太郎など)。
こう考えるとかなり面白くなってきます。

ロロ

>ロロさん
い、伊藤博文つえー……
しかし、なるほど、そういう話を聞くと途端に身近(……でいいのか?)な感じがしてきますねえ。確かに冷静になって考えてみれば、歴史に出てくる人一人一人にそういう、人間らしいというか、生身の人間としての特徴ってのがいろいろあるのは当然ですよね。あんまり、考えたことなかったんですが。

ビーム [編集]

コメントを投稿する

トラックバック(0)

トラックバックURL - http://beam2d.blog74.fc2.com/tb.php/487-e8a3568b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。